FC2ブログ
将棋備忘録
将棋の観戦、自戦記などの雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月13日(日)馬作りは甘受?

今回は今月の将棋世界(10月号)、p64の升田ー芹沢戦の棋譜についての疑問。
この将棋の序盤がちょっと変わっていて、棋譜並べ中、思わず手が止まってしまった。
それが第1図。

2009-09-13a.jpg

ここで△5七角なら、馬作りが受からない。
よくある手筋の▲6五桂は△3五角成りで無効。

ならばと▲5五角△2二銀▲6五桂は△5四歩(第2図)で失敗。

2009-09-13b.jpg

他の手順も考えてみたが、どうも反撃しようとするとうまくいかない。
そこで、この棋譜の時代(1961年)頃は初手から▲7六歩3四歩▲5六歩で
馬を作らせて指す作戦が普通に指されていたことを思い出した。
それと同じ意図で、第1図からは▲5七角には△6八銀で
持久戦の予定だったのではないだろうか?

プロの将棋を理解するのは、解説が少ないと難しい・・。
スポンサーサイト

プロフィール

ynug01

Author:ynug01

・社会人3年生    
・将棋倶楽部24   :三~四段
・アマ連レーティング:二段

・将棋倶楽部24HN  :ynug01

・指す戦法     
 振り飛車全般
 居飛車も勉強中

好きな棋士 :藤井九段
好きな駒  :歩

FC2カウンター

ブログ内検索

Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。