FC2ブログ
将棋備忘録
将棋の観戦、自戦記などの雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月15日(金) 将棋世界 2008年9月号感想

今月号は巻頭の羽生インタビューを始めとして、タイトル戦(棋聖、王位)、
最新戦法講義、付録など羽生尽くしの内容。

その中では最新戦法講義の羽生特集が面白かった。
羽生四冠の将棋の手はとりわけ難しい手順が多いのだが、
その特徴を7つのキーワードに分けて、そこまで将棋が強く
ない人でもわかりやすく解説しているのは見事。
特にスピード・コントロールを「スピコン」と略して表現していたのは
昨今の横文字略しの風潮をうまく使ったと感心させられた。

羽生特集が目立つ今号だが、他にも注目したい点はある。
 1つ目にリレー自戦記の新連載。
以前から私が切望していた自戦記が開始。
しかも第1回が橋本七段。
指し手の解説を極力省き、自身の心情をストレートに書かれており
非常に良かった。
 2つ目は清水市代タイトル40期獲得特集 「努力する心」
インタビューより

これからの課題は何でしょう?
技術・体力・精神面・総合力。すべてにおいて向上することです。


何という向上心の高さか。
最近、将棋に対する情熱が冷め気味なので、この姿勢を
少しでも見習いたいです。

以上、今月号はここ2、3カ月では一番満足のいく出来でした。

来月は予告には載っていませんが、渡辺竜王のブログの8月6日の記事
書かれていた渡辺竜王×木村八段の「どうすれば羽生名人に勝てるか」が
テーマの対談が楽しみ。
私の記憶では、木村八段はかなり羽生四冠に負け越しているはずなので、
王座戦に向けて、現在どのように考えているかは非常に気になるところです。


将棋世界 2008年 09月号 [雑誌]将棋世界 2008年 09月号 [雑誌]
(2008/08/02)
不明

商品詳細を見る

スポンサーサイト

8月12日(火)定跡は難しい

最近指した将棋より。
後手番で角換わり同型となり第1図。

2008-08-12a.jpg

あまり詳しく定跡を知らないのだが、調べてみたところ、
第1図で、△3五銀▲4五銀△2二角で後手面白いが、現在の結論らしい。
本譜はストレートに悪い順に行ってしまった。しかし・・。

第1図より、
△2二角 ▲同角成 △同 玉 ▲3四歩 △3八角
▲2八飛 △4九角成 ▲2五桂 △1六歩(第2図)

2008-08-12b.jpg

最後の△1六歩で△3九馬が手元の本の手順だが、図の手の方が
良いと思うのだがどうだろうか?
本譜はこのあと▲1三歩から攻めてきたが、どうだったか。
うまく先手の攻めをかわして、勝ちとなった。
代わって、第2図では▲7四歩から▲4一角か?
しかし△1七歩成りの利かしが厳しいか。
何か先手にうまい手があるのだろうが、私の棋力ではわからない。

こういう細い攻めの繋がるかどうかを見極める力を
つけないと居飛車を指しこなすのは大変だと感じた。

プロフィール

ynug01

Author:ynug01

・社会人3年生    
・将棋倶楽部24   :三~四段
・アマ連レーティング:二段

・将棋倶楽部24HN  :ynug01

・指す戦法     
 振り飛車全般
 居飛車も勉強中

好きな棋士 :藤井九段
好きな駒  :歩

FC2カウンター

ブログ内検索

Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。