FC2ブログ
将棋備忘録
将棋の観戦、自戦記などの雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月11日(金)普通の四間穴熊で羽生撃破!広瀬初挑戦

久々更新。
最近は将棋以外のことをやることが多かったので、放置気味でした。
まあ最近は気が向いたら書くスタンスなので、今後も少し不定期気味な
更新になると思います。

さて、本日の中継より。
第51期王位戦中継サイト

広瀬五段、タイトル戦初出場おめでとうございます!
最近の羽生名人の充実ぶりから、羽生さんの期待勝率8割ぐらいだと思っていましたが、
完勝といえる内容で広瀬五段が勝ちました。

将棋の内容の方はプロでは珍しい先手四間穴熊。

さすが穴熊のプロらしく、3四の垂れ歩、4筋の位と穴熊の本に書いてあるポイントを
いとも簡単に実現。
そして、第1図の▲5八飛が控え室のプロもうなった構想。

2010-06-11a.jpg

普通は▲3八飛のところを5筋からいくのは浮かばない。
普通あっちもこっちも得をしようとすると、瓦解するものだが、
広瀬さんは成立するときっちり目算があったんでしょうね。
羽生さんはこの辺りの指し回しに翻弄されてしまったのではないだろうか?

作戦家の深浦王位を突き崩すのは大変だと思いますが、
若さの勢いでいい将棋を見せてくれることを期待します。



とっておきの相穴熊 [マイコミ将棋BOOKS]とっておきの相穴熊 [マイコミ将棋BOOKS]
(2007/10/23)
広瀬 章人遠藤 正樹

商品詳細を見る

広瀬五段の初単行本。
アマ強豪の遠藤さんとの対談形式での相穴熊解説本。
広瀬さんの穴熊観が非常によくわかります。
王位戦開幕前の予習に是非。
スポンサーサイト

3月21日(日)王将戦・棋王戦・NHK杯雑感

ここ1週間は観戦する将棋が多く、めまぐるしい毎日だった。
1つ1つ記事にする余裕がなかったので、まとめてざっくりと。


・王将戦
久保さんが大山さん以来の振り飛車党の2冠王を達成。
3連続限定合いは感動した。
5八金右急戦で羽生さんに破れてもことごとく
立ち向かい続けた久保さんへの神様の贈り物といっていい
手順でしたね。
久保さん、2冠王達成おめでとうございます!

・棋王戦
久保さんが踏ん張って2勝2敗のタイに。
中盤△3三桂と打った局面まで見て、
「これは佐藤さんの勝ちだな。久保二冠王は三日間のみだったか」
と思い、用事で出かけた。
帰ってきたら、久保勝ちでびっくり。
意外に微差だったようだ。
8四歩の懐深い受けから的確な反撃は
大山15世名人を彷彿とさせる指し回しでした。
ここまできたら、久保さんに勝ってもらって、
1年間2冠王を名乗っていただきたい。


・NHK杯
羽生さんが貫禄を見せて、8度目の優勝。
糸谷さんは持ち味を見せることが出来る前に
ふっとばされた感じでしたね。
実際はきわどい将棋だったようですが。
この敗戦を一つのきっかけとして、また
大きな舞台にでてきてもらいたい。

3月10日(水)第59期王将戦第5局 1日目

王将戦中継ブログ

久保2冠目奪取なるかの第5局。

久保棋王の三度目の石田流に対して、今回の羽生さんの作戦は銀冠でした。
予想があたって、ちょっと嬉しい。

2010-03-10a.jpg

封じ手は普通に△6五同歩でしょう。
以下▲同銀 △6二飛 で
解説に書かれていた菅井流?の▲6六歩は
△7二飛と受けられたら困ると思う。

私は△6二飛に▲8六飛として、△8二飛と受けられたら
▲6四歩と押さえるといった手順かなあと思う。

久保さんのこの後の捌き方に注目したい。

2月19日(金)第59期王将戦第4局 久保、タイトル奪取に王手

王将戦中継ブログ
昨日の王将戦は羽生さんに終盤の錯覚があり、あっさりと終わってしまった。
2010-02-19a.jpg

図の△7五歩はびっくりした。
どこかで△7三歩と受ける将棋になるとばっかり思っていたので。
しかし、冷静に局面を見ると、先手の馬と飛車が働かないうちに
決着をつけにいこうとするのが、ここでは正しい大局観か。

久保さんの安定した指し回しが光った一局だった。
これで3勝1敗。ここまできたら、久保さんに奪取してもらいたい。
第5局の羽生さんの石田流対策は銀冠あたりだろうか。(石田になるかわからんけど)

2月17日(水)第59期王将戦第4局 丸山ワクチン

王将戦中継ブログ

第2局に続いて、羽生さんのゴキゲン中飛車対策が注目されたましたが、
今回は丸山ワクチンでした。
最近は見かけなかったの意外な選択。
しかし、先日のマイナビオープンでも指されていたので、
再評価の兆しがあるんでしょうか?
個人的には先手からの攻め筋が乏しく、あまり良い対策とは思えませんが・・。

封じ手局面

2010-02-17a.jpg

封じ手は△6四歩でしょうか?
狙いは銀挟み。▲4六角が気になりますが、
△5五角▲同角△同歩▲6四銀△4六角でどうか?(最後△6三歩は▲5五銀で銀取ると王手飛車)
この順は指せそうなので、第1図に戻って▲8四歩△同銀▲7四銀か。
しかし、プロの候補にあがってないということは、なにかダメな順があるんでしょうね。

しばらくは先手の攻め、後手の受けが続きそうですね。
久保さんがどうしのいでいくのか、明日は注目したいです。

プロフィール

ynug01

Author:ynug01

・社会人3年生    
・将棋倶楽部24   :三~四段
・アマ連レーティング:二段

・将棋倶楽部24HN  :ynug01

・指す戦法     
 振り飛車全般
 居飛車も勉強中

好きな棋士 :藤井九段
好きな駒  :歩

FC2カウンター

ブログ内検索

Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。