FC2ブログ
将棋備忘録
将棋の観戦、自戦記などの雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月25日(木) 将棋世界講座「これで矢倉は指せる」のまとめ(暫定版)

今回は将棋世界で連載中、毎回丁寧な解説が嬉しい
木村八段の講座「これで矢倉は指せる」のまとめ。

2008年12月号 右四間飛車と矢倉中飛車
2009年 1月号 居玉棒銀
2009年 2月号 後手阿久津流(5五歩急戦)
2009年 3月号 後手阿久津流(5五歩急戦・渡辺新手)
2009年 4月号 後手急戦・米長矢倉
2009年 5月号 早囲い
2009年 6月号 3五歩急戦
2009年 7月号 3五歩急戦2
2009年 8月号 森下システム
2009年 9月号 森下システム(対雀刺し)
2009年10月号 3七銀戦法・基礎(▲3七銀に△4三金)
2009年11月号 加藤流(対7三銀型1)
2009年12月号 加藤流(対7三銀型2)
2010年 1月号 加藤流(対5三銀型・先手1七香型)
2010年 2月号 加藤流(対5三銀型・先手1八香型)
2010年 3月号 加藤流(対5三銀型・先手3八飛型)
2010年 4月号 3七銀戦法(▲4六銀に4五歩反発型)
2010年 5月号 3七銀戦法(▲4六銀・3七桂型からの基本的な攻め筋)
2010年 6月号 休載

連載途中ではあるが、今月で加藤流が終了したので、キリが良い。
近々、自分の興味があるところから勉強し直したいと思う。

(2010/5/2追記・2010年 6月号現在までの内容を追加)
スポンサーサイト

10月12日(月) パワー中飛車(将棋世界講座)のまとめ

1ヶ月ぶりに更新。
今回は先月の将棋世界で終了した鈴木八段のパワー中飛車講座をまとめてみた。
(前講座の藤井九段の講座のように本にならない可能性があるので・・)
「*」は私のコメント

2008年8月号  先手中飛車 (基本形の組み方)   *連載スタート
2008年9月号  先手中飛車 (対船囲い)
2008年10月号 先手中飛車 (対左美濃 )
2008年11月号 先手中飛車 (対穴熊模様)
2008年12月号 先手中飛車 (2手目3四歩その1)
2009年1月号  先手中飛車 (2手目3四歩その2) *スピード銀冠は面白い構想
2009年2月号  先手中飛車 (2手目3四歩その3)  *穴熊の構想は本当に成立?

2009年3月号  後手中飛車 (対7八金)
2009年4月号  後手中飛車 (対5八金右その1)
2009年5月号  後手中飛車 (対5八金右その2)
2009年6月号  後手中飛車 (対2枚銀)        *9月号の三浦講座の方が詳しい

2009年7月号  相振り (対三間飛車その1)      *6六銀型が面白い構想
2009年8月号  相振り (対三間飛車その2)
2009年9月号  相振り (対向かい飛車)
2009年10月号  相振り (対向かい飛車、対中飛車) *相中飛車は参考になった。
                                  連載終了

先手中飛車7回、後手中飛車4回、相振り4回と、先手に比重が高いが、
後手中飛車は解説されることが多いので、バランスは取れた構成といえる。
講座手順はやや都合の良いものが多い。
しかし、中飛車を指しこなすのに大事な手筋を伝えるのを優先とすると、仕方がないか。
全体的に無駄を排し、良くまとまっていたと思う。

講座の終わりごろに流行り始めた後手中飛車に対する穴熊や
アマ棋界では良く見る、対右玉、対引き角などへの
鈴木八段の見解は見てみたかった。
並行して掲載している木村八段の講座が最新のトレンドを取り入れていたので、
どうしても比較してしまい、、その点で不満点が残ってしまった。
読み切りで補足講座をやるなどのフォローが今後あると嬉しい。

                                  

プロフィール

ynug01

Author:ynug01

・社会人3年生    
・将棋倶楽部24   :三~四段
・アマ連レーティング:二段

・将棋倶楽部24HN  :ynug01

・指す戦法     
 振り飛車全般
 居飛車も勉強中

好きな棋士 :藤井九段
好きな駒  :歩

FC2カウンター

ブログ内検索

Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。