FC2ブログ
将棋備忘録
将棋の観戦、自戦記などの雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月19日(月)ここ3週間のこと

気がつけば3週間も更新していなかった。
この間だけでも、将棋界はめまぐるしく動いていたなあ。
ざっと箇条書きしていきます。

・棋王戦
久保2冠王維持!ついでに名局賞も獲得!
佐藤九段の終局後の写真は非常に印象に残った。

・コンピュータからの挑戦状
いよいよ来た。対戦相手は清水女流二冠。
正直現時点で清水さんが勝つのは厳しいという見方が強そう。
ただ、戦型が相居飛車ならちょっとわからないと思っている。
というのは清水さんは居飛車で右玉や右四間といった、
比較的サンプル数が少ない将棋が得意型だからだ。
コンピュータがそうした将棋にきちんと対応出来るのかは
興味深い。
厳しい勝負になると思うが、清水さんには頑張っていただきたい。

・名人戦
羽生名人の先勝スタート。
棋譜を並べてみたが、9三に桂が跳ぶのが非常に違和感を感じる。
週刊将棋によれば、研究テーマの1つになっているらしい。
アマチュアが真似したらすぐ空中分解してしまいそうだが、
それが、プロ好みなんでしょうね。
三浦八段が優勢に進めていたようですが、はっきり良かったというわけでは
ないようで、不思議な負け方。
ちょっとこの負け方は辛い。三浦八段は第一局を納得して二局目に望めるかが
鍵になりそう。

マイナビ女子オープン
本日第3局が行われ、結果は甲斐さんの3連勝。
初タイトルを獲得した。甲斐さんは女流王位戦も挑戦者になっており、
充実していますね。数カ月後には女流タイトル全て振り飛車党が独占することも
夢ではなくなってきました。
振り飛車ファンとしては嬉しい限りです。
対する矢内さんはやはり序盤がマズイ気がしてならない。
第3局は作戦負けから盛り返したものの、悪い局面が長かったからか、
踏み込むべきところで、いけきれず、自滅した印象。
振り飛車党の若手女流棋士の終盤力がかなり上がってきたので、
序盤で損する指し方は改めるべきでは無いかと思う。

・新刊将棋本ラッシュ。
今月だけで、欲しい本が4冊も出るのはどういうことですか。
嬉しい悲鳴です。

寄せの手筋200寄せの手筋200
(2010/04/21)
金子 タカシ

商品詳細を見る


昔刊行された『寄せの手筋168』の改訂版らしい。
そちらは持っていないが、評判は良いらしいので、楽しみ。


佐藤康光の石田流破り佐藤康光の石田流破り
(2010/04/23)
佐藤 康光

商品詳細を見る


佐藤康光の将棋シリーズ第2弾は石田流破り。
石田流の本はただでさえ少なかったが、居飛車視点は今世紀入ってからは多分初めてですよね?
居飛車党の人には待望の書籍といえる。
定跡編がどれだけ詳しく書かれているかに注目したい。


変わりゆく現代将棋 上変わりゆく現代将棋 上
(2010/04/23)
羽生 善治

商品詳細を見る


変わりゆく現代将棋 下変わりゆく現代将棋 下
(2010/04/23)
羽生 善治

商品詳細を見る


羽生さんの未完の?連載「変わりゆく現代将棋」の書籍化。
10年前の連載が単行本化、しかも上下巻!というのは前代未聞ではないか。
この本の出版に「シリコンバレーから将棋を観る」で影響を与えた梅田望夫さんの
ブログで大きく取り上げられており、今月の新刊では注目度No1ですね。
梅田望夫のModernShogiダイアリー
「変わりゆく現代将棋」(羽生善治著、上下巻) 4月23日発売!!!


内容については、私の手元にこの連載の最終回が載っている将棋世界があり、
そこで羽生さんがうまくまとめているので、引用しよう。

連載の途中から読んで頂いた方々には
何の事だか解らなかったかもしれないが、
今回の連載のテーマは矢倉を目指すときに
1.▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲7七銀
2.▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲6六歩
3.▲7六歩△8四歩▲7八金
の三つの選択の中でどれが一番良いかというものだった。
(2000年将棋世界12月号)


この引用だけでも、連載内容の恐ろしさが伝わると思う。
怖いものみたさで買うのも一興でしょうか(笑)。


しかし、先月買った「消えた戦法の謎」もまだ読み終わってないし、
どんどん本が積まれていく・・困ったなあ。
スポンサーサイト

3月15日(月)先週末の将棋についてざっくりと

遅ればせながら、先週末の将棋についてざっと感想。

・王将戦第5局 王将戦中継ブログ

封じ手はおもいっきり外した(笑)
とはいえ、5筋突いてくれるのはありがたく思えるけどなあ。
久保さんが快調に指しているように見えて、意外に差は突いてなかった模様。
今週の週刊将棋見ても、はっきり形勢を損ねたポイントはわからず、
久保さんは痛い負け方。
もう第6局は明日なんですねー。早いなあ。
久保さんは最近負けが続いているけど、気持ちを切り替えれるか。
ただ、羽生さんも心理的には大変そう。
というのは、近著「勝負師と冒険家」の中で昨年の名人戦の最中に
郷田九段が不調だったことについて、

調子がいいよりもやりにくいんですね。
力がない人が結果を出してないのは別にいいんですけど、
力の合う人が出してないのって、すごく怖いんですよ。
必ずそのうちに揺り戻しがあるはずなので。


と語っているのだ。
久保さんの不調を意識しないでいけるか。
しかも今回は先手番で、ゴキゲン対策に持久戦か急戦でいくか
かなり迷いそう。
ただ、星の上で追い詰められているのは、事実で、
こういうときの羽生さんは積極的に攻める印象が強い。
(去年の王将戦第六局がいい例)
だから、急戦を採用すると予想する。
なんにしても、熱戦になると良いですね。


・NHK杯
準決勝:羽生ー丸山戦は羽生さんの快勝。
終盤の5六角は上手いなあと感心した。つい形とばかりに金を打ちそうだし、
自分なら角は5九に打つような筋を残したくなったりするのだが。
優勢だからといって、自陣をケアすることを忘れない
羽生さんの周到さが光った一局でした。

さて、決勝は羽生ー糸谷戦に決定。
これは楽しみな戦いになりました。
一昨年の竜王戦の初手合いではふっとばされた糸谷さんですが、
今回は早指し戦なんで、勝機は十分ありそう。
2005年にNHK杯決勝で山崎さんが羽生さんを破っていたが、
兄弟子に続くことができるか?

↓羽生ー糸谷の初手合い
第21期竜王戦決勝トーナメント:羽生ー糸谷

・三段リーグ最終日
新4段の紹介
昨日、三段リーグ最終日が行われ、最後のイスは
牧野光則さんがゲットした。
この牧野さん、名前を見たことがあるなあと思っていたら、
糸谷流右玉の原点となる人らしいです。
2006年の将棋世界11月号で糸谷さんが右玉の講座を書かれているのですが、
そこで、こう語っています。

右玉はもともと関西奨励会の誇る序盤の俊英、
牧野光則三段の得意戦法です。
(中略)牧野三段がまだ級位者のとき、彼の対局を見て戦法を真似し、
それを自己流に変形させて長らく愛用しているのです。


またしても将棋を見るのが楽しみな四段が誕生ですね。
先に昇段を決めた菅井さんも棋才は高く評価されていて、
今後彼らの活躍が楽しみです。
菅井さん、牧野さん、四段昇段おめでとうございます。

10月27日(火)最近のプロ将棋雑感

今回は最近のプロ将棋について、棋戦ごとに焦点を当てての感想です。

・竜王戦 渡辺1-0森内
1局目から熱戦。
5年前に比べると噛み合ったシリーズになりそう。
2局目に後手番の森内九段が何を繰り出すか?
本命は一手損角換わりだが、竜王挑決第二局のように
なにか意表をついてきてもおかしくなさそうだ。

・王将戦 王将リーグ進行中
注目の豊島五段は連敗スタート。
1勝もできなければ、かえってダメージが残りそう。
残り3局踏ん張ってほしい。
挑戦争いは連勝スタートを切った久保棋王に期待。
王将、棋王とダブルタイトル戦で関西を盛り上げてもらいたい。

・棋王戦 挑戦者決定トーナメント進行中
ベスト4のうち、佐藤九段、橋本七段、杉本七段まで決定。
残り一枠は山崎ー阿久津の勝者。
佐藤九段は他棋戦で絶不調の中、勝ちあがってきてるのはさすが。
やはりタイトルを取り返したい気持ちは強いのでしょうね。
しかし、私は橋本七段に期待したい。
王位挑戦者決定戦進出、棋王挑戦トーナメントベスト4と
どちらも2年連続と惜しい成績を残しているので、
そろそろブレイクするのでは・・?

・A級順位戦
・・・・藤井先生4連敗。4局目の投了図を見ましたが、
これは今期の残留は厳しいと言わざるを得ません。

一方上位陣は40代が好成績で、失礼ながら意外な展開。
とはいえ、3人とも順位が悪いので、まだまだわからない。
挑戦者争いは混戦の予感。久々にプレーオフが見られるかな?


その他(思いつくままに)
・B級1組: 久保棋王、このまま突っ走れ!
・B級2組: 今期こそ阿久津七段上がれるか?
・C級1組: 戸辺五段強し!久々1期抜けに期待。
・王座戦: 期待していた山崎七段、3連敗。
       せめて1勝・・。
・王位戦: あれが逆転するとは・・。
・新人王戦: 1局目はプレイバック2009ベスト10に入るべき熱戦。
・女流王位戦: 反則負けはちょっと親近感(笑)
・女流王将戦: 中継してほしい・・。
・倉敷藤花戦: フレッシュな組み合わせ。

疲れたので(笑)、今回は以上。

5月12日(火)大学将棋観戦

先週の日曜日に母校の三重大学将棋部の応援のため、大学の大会を観戦しに行きました。
三重大学は昨年秋にB級から昇級して、A級に復帰。
今回は残留できるかどうかが焦点で、心配でしたが、見事A級残留をはたし、ほっとしました。
みんなよくがんばった!おめでとう。
次はもう少し上を目指し、がんばってください。

さて、そんな後輩たちを観戦していて、気になった将棋を1つあげてみたい。

2009-05-12a.jpg

第1図は向かい飛車対引き角の序盤戦。
引き角側が後輩。
以下 ▲3五歩 △同 歩 ▲同 角 △4四銀  ▲7九角 △3五歩 (第2図)

2009-05-12b.jpg

前日に後輩相手に第2図の△3五歩のような手は振り飛車党は打ってはいけない!
といったばかりだったのでびっくりした。
しかも、この局面、意外に難しい・・どころか居飛車が良くなる順が見えない。

第2図以下 ▲3七銀 △5一角 ▲4六銀 △3二飛 ▲3八飛 △6二角(第3図)

2009-05-12c.jpg

▲3七銀からの手順は自然だが、第3図になると、2八飛と戻ると
3四飛と浮かれてしまうし、他に手も見当たらない。

局後、代案として第2図から▲4六歩を考えたが、5一角と備えられて、
4五歩~3五角には3二飛でかんばしくない。

結局第2図は例外的に成立しているようだ。
(私が見つけられないだけの可能性大。もし、咎める順があれば、教えてください。)
戻って第1図では軽く指さずに、3七桂と力を溜めて4四銀に4六歩と対抗するような
順を掘り下げる方が良いと思う。

後輩に将棋を教えるときについ熱くなって、断定口調で教えることが多いのですが、
こうした例外が生じるので、言葉は慎重に選ばないといけないと反省しました。

(今回の将棋は不許可で載せています。もしまずければ、メールください。
 すぐ消させていただきます。)


3月1日(日)雑感:最近のプロ将棋

ここ数日風邪で体調を崩していました。
昨日、予定していた大会に参加できなくて残念。
しかし丸一日寝ていたおかげで完全回復。
今年度最後の月は健康に気をつけてしっかり過ごしていきたいですね。

さて、最近プロ将棋についてまったく言及していないので、
ここらで一回ざっと感想を書いてみたいと思う。

まずは王将戦。
3勝2敗で深浦2冠に王手。
今回は王位戦の戦いと比べて、優勢になった方がそのまま押し切っている将棋が多い。
原因としては羽生さんの調子が悪いように思う。やはり竜王戦で負けたのがこたえているのか。
また、深浦王位の第2局、第5局の振り飛車採用がうまい戦略だったように思う。
次の羽生さんの先手番で深浦王位が何を出してくるのか楽しみだ。

次は棋王戦。
こちらは2連勝で久保八段がタイトル獲得に王手。
第2局は昨日、寝ながら見ていた。序盤の7五飛はいかにもらしい手で、
善悪はともかく好調な雰囲気が出ている。
佐藤ファンには悪いですが、このまま一気にタイトル奪取をしてほしい。

最後にA級順位戦。
藤井九段がラス前に残留決定。
始まる前は今期は厳しいと思っていたけど、しっかり残ってくれて、
ファンとしてはほっとした。
鈴木八段との将棋は藤井ワールド全開で改めて藤井先生の序盤感覚の
素晴らしさが感じられた将棋だった。

で、2日後に迫ったA級最終局だが、なんといっても谷川ー鈴木戦が注目の一番。
超一流棋士が降級のかかった一番でどんな将棋を見せてくれるのか。
相振りが見てみたいが、おそらく谷川九段は居飛車だと思う。
正攻法でまっこう勝負でしょう。熱戦を期待したい。
もう一枠の降級は三浦、深浦の争い。
またしても深浦王位が勝っても厳しい状況。
ただ、今回は競争相手の三浦八段の相手が森内九段なのは好材料。
深浦ー丸山、三浦ー森内ともに息の長い将棋になりそうだ。

挑戦に目を転じて、郷田ー木村戦。
木村八段は前期A級、竜王戦で勝っているのだが、どちらも郷田九段が振り飛車という
不可解な選択。なにか理由があるのだろうか?
今回は挑戦をかけてなので、さすがに居飛車だと思うが・・?
相矢倉の濃厚な将棋を見てみたい。

一方勝てばプレーオフの可能性がある佐藤と藤井との一戦。
藤井九段はここ数年、残留をきめてからの最終戦は負け続き。
今回はどうか。
おそらく矢倉早囲いを目指すと思われるが、佐藤棋王がどんな対策を
用意しているか楽しみ。

ほかにも女流棋戦など言及したい将棋もあったが、今回はこの辺で。

プロフィール

ynug01

Author:ynug01

・社会人3年生    
・将棋倶楽部24   :三~四段
・アマ連レーティング:二段

・将棋倶楽部24HN  :ynug01

・指す戦法     
 振り飛車全般
 居飛車も勉強中

好きな棋士 :藤井九段
好きな駒  :歩

FC2カウンター

ブログ内検索

Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。