FC2ブログ
将棋備忘録
将棋の観戦、自戦記などの雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月2日(日)ゴキゲン穴熊・うまい対応

先週の金曜日に大学の部活に参加してきました。
そこで指した将棋が今回の題材。

私のゴキゲン中飛車に後輩の居飛車穴熊。
普通にやるのは面白くないと思い、良くある袖飛車ではなく、
遠山本に載っている△6二銀を試してみました。

2010-05-01a.jpg

△7四歩と▲8八銀の交換が入っている以外は「遠山流中飛車持久戦ガイド」の148ページと同じ局面。
この角出ができれば、良しと思っていたが、ここからの対応が当然ながらうまかった。

第1図以下
▲4九飛△4五飛▲1六歩△2六角▲6五歩△2五飛▲1七桂△2四飛▲2九飛

2010-05-01b.jpg
▲1六歩~▲1七桂~▲2九飛が良い対応。
▲2九飛では▲2五歩狙いの▲5五角も見えるが、
▲2五歩で後手の飛車を追っても捕獲はできない。
第2図となっては、後手は指す手がない。仕方なく△4四角から飛車交換になったが、
▲2三飛から先に龍を作られるのでは、後手不満。
なにより△4一金型は飛車の打ち込みが少ないのが主張点なのに、それが利かないのは辛い。

修正すれば、それなりに難しいところはあるかもしれないが、この形は多分もうやらない。
スポンサーサイト

3月3日(水)藤井先生残留!

第68期A級順位戦星取表

いやあ、ほっとしました。
4戦目の対丸山戦でひどい負け方をしたとき、
今期は落ちるの決定かと落胆していましたが、
まさか谷川、佐藤、森内の鬼3番勝負で2-1とは予想外。
とはいえ、来季も地獄が待っていそうですが・・。

さて、対局ごとにちょこっとずつ感想を。
郷田×ー三浦○
 大熱戦。BS2の中継で終局まで見ていましたが、
 今期A級の名局賞をあげるならこの1局でしょう。
 終盤は先手玉に逆王手に逆王手返しの頓死筋があるので、それを避けたけど、
 別の詰み筋があった。
 しかしそれを後手が逃し、先手玉を受け無しの形にして手を渡す。
 後手玉は流れ的には詰みそうだけど詰まない。
 何が何だか自分の説明ではわからないが、非常に難解なことは伝わるかと思う。
 見ていて面白い将棋でした。新聞の解説が今から楽しみです・
 三浦先生、名人挑戦おめでとうございます。

・谷川×ー高橋○
 高橋先生得意の横歩取りで快勝。
 49歳、最年長で6-3の成績は素晴らしい。
 来年もこれが持続出来るか注目です。
 対する谷川先生は後半の失速は意外。
 今年入ってから勝っているのを見ていないので、少し心配。
 まだまだ老けこむには早いですよ!

・佐藤○ー丸山×
 佐藤先生が意地を見せた一局。ファンの方はもっと早い時点で
 この強さを発揮してくれればと思われたのではないでしょうか。
 本局を見る限り、1期で戻ってくるでしょう。

・森内○ー藤井×
 森内先生は最近調子を落としていたけど、さすがに強かった。
 しかもこの勝ち、べらぼうに価値が高い。
 負けていたら来季の順位は3位から7位になっていましたからねえ。
 藤井先生は残念でしたが、結果には響かず。

・井上×ー木村○
 木村ワールド炸裂!9二飛とか金香交換で指せる大局観とか、わけがわからない。
 井上さんも飛車が死ぬ場所にわざといったけど、逃げたらどうだったんだろうか?
 断片的にしか見てないので良くわからないけど。
 解説待ちですね。
 井上さんは前半好調でリーグを盛り上げてくれましたが、
 後半5連敗では降級しても仕方がない。捲土重来を期待します。


さて、次は名人戦ですが、羽生ー三浦戦とはこれまた、
読みにくいカードになりましたね。
戦型は羽生さん次第かと思う。三浦さんの研究に突っ込むのかはずすのか・・。
また、三浦さんは初めての2日制に対応できるのかが焦点。
大胆に予想すると、羽生さんの4-0か、最終局までもつれるかのどっちかかと思う。
前に羽生ー三浦戦を見た印象だと、羽生さんの曲線的な読みに
三浦さんが翻弄されていた感じだったので、負けるときは一方的になるかなと。
竜王戦のように、あっさり終わってはつまらないので、接戦を期待したいですね。

12月23日(水)4ヶ月ぶりの大会

久しぶりに将棋大会に行ってきました。
以下、振り返ります。
(左が自分)

1局目:三間穴熊 対 居飛車穴熊
作戦勝ちから、うまく指せて勝ち。

2局目:先手ゴキゲン中飛車 対 玉頭位取り
作戦勝ちだったが、中盤でミスを続け敗勢に。
しかし終盤、相手がミスを続け、また逆転し勝勢で迎えた第1図。

2009-12-23a.jpg

ここで▲2四歩で勝ちが読み筋だったが、詰めろじゃないのが気に入らず、
本譜は▲4三飛成り!?
当然△同銀直で、詰みがない。ひどい落手だったが、幸いまだ難しく、なんとか勝ち。

3局目:向かい飛車 対 右銀急戦
図は中盤。△3二飛と指した局面。

2009-12-23b.jpg

▲2四歩には△3四飛~△2四飛で捌ける予定。
しかし、本譜は▲3三桂成!△同桂▲2四歩で
逆にうまく捌かれてしまった。
以下勝負どころ無く負け。

4局目:相振り飛車(中飛車対三間)
鈴木八段の講座の6六銀型を試してみた。
パワー中飛車(将棋世界講座)のまとめ

しかし、あまりうまくいかず、大作戦負け。
泣く泣く1歩損を甘受してひたすら辛抱する展開。
その辛抱が実り、逆転したと思われたのが第3図。

2009-12-23d.jpg

△5六歩は打った歩で、これを全く読んでなかった。
(5七飛成りだと思っていた。)
秒読みの中、慌てて▲6五銀の大悪手を指してしまい、
△5五飛で負けにしてしまった。
後で考えてみると、第3図では▲6六桂だったか。
△5五飛なら▲3三飛成りから▲7四歩でどうか?
うーん。よく分からない。
しかし、せめて▲6五銀よりましな手を指したかった。
以下、粘り及ばず負け。

結果、2勝2敗。
2局目と4局目の終盤は悔いが残るが、久しぶりの大会にしては
そこそこ指せていたように思う。
来週、今年最後の大会出場を予定しているので、
今日より良い将棋が指せるようがんばりたい。



8月29日(土) 序盤、全部作戦負け

将棋大会行ってきました。
ざっと印象に残った局面をピックアップしながら振り返ります。

第1局:石田流 対 高田流
無理攻めして完切れ負け

第2局:居飛車穴熊 対 四間穴熊

序盤大作戦負け、中盤飛車損から追い上げて、逆転した終盤が第1図。

2009-08-29a.jpg

ここで2七桂捨てが気持ちのいい一着。
同金に3八金と貼りついて詰めろが続く形に。
以下時間はかかったが勝ち。

第3局:四間穴熊 対 玉頭位取り

2009-08-29b.jpg

この一手前に5四銀と出た。6五の歩を受けてくれたら6四歩で
後手ペースだと思っていたが、第2図の3六歩が筋の良い構想。
6五銀は銀鋏みの筋が残るし、飛車もしばらく使えない。
6四歩はただで取れた所の歩にぶつけるのでは感触悪し。
本譜は意地で6五銀としたが、3五歩から攻められて終始勝負どころなく完敗。


第4局:玉頭位取り 対 中飛車
序盤、右玉をする予定だったが、すぐに5筋の歩を交換させられて予定破綻。
中央制圧されて、ずるずると作戦負け。
しかし相手がペースがつかめそうなところを自重してきたので、少し盛り返し、第3図。

2009-08-29c.jpg

1五歩がタイミングの良い一手。中央は制圧されているので、
盤面右半分で勝負という構想がうまくいっている感じ。

進んで第4図。

2009-08-29d.jpg

馬を作って良くなったと思ったがこの金打ちは全く見えていなかった。
以下5八歩、同飛、8九馬、5九飛、7八金、 8九飛と進んだ。
5九飛は見えていたのだが、全く働いていない7七の角を取るのに躊躇したのと、
角を取った後のビジョンが見えず、喰らってしまった。
以下いくばくもなく負け。

戻って、第4図で7七馬から4八角や
5八歩、同飛を入れてから7七馬~4九角(次に1八金(この手が見えなかった))
などするべきだった。
とはいえ、先手から猛烈に厳しい4五角打ちがあるので、厳密には負けていると思うが。


結果、1勝3敗。
序盤の作戦負けが多かったのが一番の敗因。
基本序盤で少しリードを目指すタイプなのに・・。
収穫だったのは、2局目と4局目の居飛車採用の感触が良かったこと。
序盤はもちろん全然ダメだが、中盤以降は指していて面白かった。
もう少し序盤を鍛えて、相居飛車戦の柱を一個作れれば主戦力に
できるかもしれない。今後、取り組む課題として検討していきたい。



6月27日(土)終盤

将棋大会出場してきました。
結果は2勝2敗。
負けた将棋は完敗。
勝った将棋もどちらも必敗形で、片方は時間切れ勝ちというひどいもんでした。

今回はその中で自分が見えなかった終盤の寄せを2つ紹介。

2009-06-27a.jpg

第1図は3局目の終盤
先手が私で3四角と打ったところだが、これが大悪手。
△4八飛成り、▲同歩、△3八金で終了。
2七角が消えてしまったのが、3四角の罪。
これが見えていないとは・・ひどい。

2009-06-27b.jpg

続いて第2図は4局目の終盤
今先手の自分が4七歩と打ったところ。
以下△2六銀▲同歩△同竜▲2七銀△7六竜と進行。

何気なく進めたが、△同竜のところで△1七銀と打ちこまれていたら、
同じようでも▲2七銀のときに△1七銀は3八玉で空振りとなる。

蛇足だが、このあとなんだかんだと粘り続けて逆転勝ちした。
やはり、決まっているところで決めないと将棋はおかしくなると
改めて痛感した。






プロフィール

ynug01

Author:ynug01

・社会人3年生    
・将棋倶楽部24   :三~四段
・アマ連レーティング:二段

・将棋倶楽部24HN  :ynug01

・指す戦法     
 振り飛車全般
 居飛車も勉強中

好きな棋士 :藤井九段
好きな駒  :歩

FC2カウンター

ブログ内検索

Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。